トップ > ニュース&トピックス >  消防隊員ウェアラブルカメラの現場映像をWi-Fi電波で消防指揮車に中継

ニュース&トピックス

ニュース&トピックス2017

報道関係者各位
プレスリリース(報道資料)

2017年10月11日国内外の携帯電話の周波数に対応した「可視光透過アンテナ」を開発

日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区九段南 4-7-15、代表取締役社長:瀬川純)は、携帯電話基地局の屋内用アンテナとして、国内外の携帯電話の周波数(698~3800MHz)に対応した「可視光透過アンテナ(以下、本アンテナ)」を開発しました。

概要

本アンテナは、露出したアンテナ部分が透明である為、美観や景観を損なうことなく目立たない設置が出来ることに加え、周波数に関わらず国内外の携帯電話システムで使用できる広帯域なアンテナです。また、※1PIM特性にも優れているので、複数の周波数で送受信が可能となります。

※1PIM特性 (Passive Intermodulation)
一般には線形回路として取り扱われる材料や装置も、使われ方によりわずかな非線形特性を示す場合があり、線形回路では通常発生しない相互変調ひずみが、実際の回路では観測される場合がある。これらは、二つ以上のチャンネル信号が入力されたときに起こり、もしそのスプリアスが受信周波数に観測された場合には、受信の妨げとなる。

図1.可視光透過アンテナ

図1.可視光透過アンテナ

※本アンテナは、2017年2月にKDDI株式会社(本社:東京都千代田区飯田橋 3-10-10、代表取締役社長:田中孝司)と共同開発した可視光透過アンテナの技術に日本電業工作㈱独自の広帯域化技術を応用し開発した製品です。また、アンテナ部には『 透明導電性フィルム/Ag-Stacked Film (TDK 株式会社製)』を 使用しています。詳細はTDK株式会社のホームページをご確認ください。( https://product.tdk.com/info/ja/techlibrary/developing/agstack/index.html

製品
図2.外観図

図2.外観図

アンテナ特性
項 目 仕 様 備 考
使用周波数(MHz) 698-960 / 1427-3800
偏波面 垂直偏波
入力インピーダンス 公称50Ω
VSWR 2.0以下
利得 698-960 MHz 約0dBi
1427-2170MHz 約1dBi
2545-3800 MHz 約2dBi
耐電力 2.5W
PIM(dBc) -150以下 2×1W,3rd order
入出力端子 N-J 相当品
質量 約140g

図3.可視光透過 アンテナ特性

図4.VSWR 特性 (600MHz to 4000MHz)

図4.VSWR 特性 (600MHz to 4000MHz)

今後の予定

使用用途に応じて屋外対応・設置方法・指向性の変更が出来るよう、応用製品の開発を行います。 また、本アンテナは、2017 年 10 月下旬より日本市場において先行販売を開始いたします。

製品のお問い合わせ・資料請求
購入御見積もり、資料請求などお気軽にお問い合わせ
フォームにてお問い合わせください。
お問い合わせ
カタログダウンロード
ソリューション製品のカタログをPDF形式で
ダウンロードしていただけます。
カタログダウンロード

ページトップへ戻る